FC2ブログ

祝!錦織圭ツアーファイナル出場 目指すは…!?


とんでもまるです!


祝!錦織圭・2年ぶり4度目のツアーファイナル出場!



みんなこの話から入る気がしますが、今年は全豪をスキップしてチャレンジャーから出場した選手がですよ。トップ10に復帰し、デルポトロの欠場もあってツアーファイナルに出場するまできました。

ほんとはもっと喜びに浸っていたいのですが、錦織はこの大会で優勝して欲しい。
もう直球ストレート……いや、フラット?ダウンザライン?(笑)に言いますが、ほんとに優勝して欲しい。
僕は錦織圭を全ての大会で優勝しうる男だと思ってます。完全にファンびいき入ってますが、そこはファンなんて許して欲しい。


当の錦織も当然、優勝を狙っていると思います。
今日グループの組み合わせが発表されまして、錦織はフェデラー、アンダーソン、ティームと同じ組み合わせになりました

First of all ジョコビッチと同じ組み合わせにならなかったこと。 Second 10月に勝利の経験のある2人が同じ組に入っていること。
組み合わせ的にはラッキーと言えるでしょう。
……とはいえ、トップ10同士の戦いは本当にギリギリのところで、数ポイントやり直したら結果が大きく変わるような試合になります。

ラッキーとか書いておきながらなんですが、直近の戦いなんてそこまで参考にはならないと思います。でもイズナーと入れ替えてみてジョコビッチ、サーシャ、チリッチの枠にブチ込まれることを想像したら、めっちゃ怖いと思います。
いやもちろん、錦織のいるグループも熾烈きわまりないですが、…こう…なんかヤバイ空気感じません?ジョコビッチ、サーシャ、チリッチ……。


というかイズナー出るんですね!パリを終えて、子どもと幸せそうに写真に映るイズナーを見ましたので、てっきりアメリカでおやすみするもんだと思ってました。実際に欠場になったナダルも、たしかに前々から良くない噂があったので…チャンスがあると思って準備はしておいたのでしょうか。

結局、あれだけ何度も何度もポイント計算をした僕を含めた全世界のティーム、錦織、イズナーファンの皆さんは徒労に終わりました。
直前でハチャノフの優勝があったとは言え、それでもイズナーには300pt近く足りませんから。

デルポトロとナダルの欠場は本当に残念でなりません。デルポトロは今年やっとトップ10に復帰しました。明らかにBIG4に最も近い選手の1人です。彼がずっと健康体であれば、世界ランク1位だったかもしれないと言っても、誰も笑わないと思います。
膝の骨折は明らかに不運でした。日々のケアでどうにか予防できる類なのかわかりませんが、全米で久々にGS決勝進出して、ここからというときに……。

ナダルは今年全仏で11度目の優勝をして、相変わらずの化け物ぶりを発揮していました。全てのグランドスラムを制覇し、オリンピックではシングルスもダブルスも金メダル。デビスカップの優勝杯さえ掲げました。
そんなナダルが持っていない唯一のビッグタイトルといえば、このツアーファイナルでしょう。

ナダルにとって大好きなクレーコートシーズンはシーズンのど真ん中にありますから、モンテカルロ、バルセロナ、マドリード、ローマ、全仏と全ての大会で全てのラウンドを戦うような選手ですから…7月以降ガクッと落ちるのも無理はありません。しかもウィンブルドンベスト4、カナダマスターズ優勝、全米ベスト4ですからね。

ナダルとしてはその後休養を増やしてなんとかファイナルに任せようとしたのだと思いますが…。ギリギリ間に合わなかったのだと思います。
しかし、ドロー抽選前に棄権を発表する潔さは素晴らしい。

ナダルは自分の欠場がどれだけの選手に影響するか知っています。もしドロー発表後の欠場であれば、ジョコビッチとフェデラーは同じ組になりえました。
それに、初出場のイズナーはあの8人での写真撮影も間に合いますよね。スーツのオーダメイドが間に合うのかはわかりませんが、あれって控え選手のも念の為用意されているんでしょうか?


ともあれ!錦織のツアーファイナル出場は本当に誇らしいです。デルポトロの欠場の上での出場ですが、決定後すぐに錦織はデルポトロを気遣った上で、自身の喜びを公開しました。全世界のファンがデルポトロも錦織も応援できる、最高の対応だったと思います。

錦織は今年のクレーシーズンあたりからツアーファイナルに行きたいという発言をしていましたから…まぁそれはマイケルの刷り込みもあるのかもしれませんが(笑)
特にモンテカルロ準優勝と全米のベスト4が素晴らしかった。ナダルとジョコビッチにそこで阻まれてしまいましたが、その先になんとか入って欲しいところです。

それとツアーファイナル出場に加え喜ばしいことは、錦織から大きな怪我の様子が見えないことです。
ツアーを回っている以上、どの選手も痛みはどこかしらに必ず抱えているでしょうが…試合をやめなければならなかったり、離脱しなければならないような怪我は聞こえてきません。

むしろツアーファイナル出場者の中でも、かなり健康度の高い選手なのでは?と思えるほど。

この大会は1度勝てば200ptが加算されます。今年は嫌という程シードの大切さを知りました。マスターズ3回戦でデルポトロ、初戦でジョコビッチと当たることもありました。とにかくこの大会で1試合を勝つということは大きい。

この組み合わせで1位抜けすれば、まぁ順当に向こうのグループで1位あがりしてくるであろうジョコビッチとSFで対戦せずにすみます。
まぁもちろん優勝を目指す上でどこかでは当たる選手だと思いますので、もはやラウンドは関係ないのかもしれませんが。
ただ、2度当たる可能性があるよりかは1度しか当たらないのが確定した方が良いことに決まってます。 そのくらい今のジョコビッチは恐ろしい。


…ま! 予想もめっちゃ楽しいですが、結局いつも良くも悪くも期待を裏切るのが錦織圭という男ですし、スポーツってそんなもんですよね。順当に勝つっていうのがいかに化け物じみた行為か、いつも思い知らされます。誰達とは言わないけども…


とにかく最期の1週間 ここでも錦織圭のテニスを楽しめることに圧倒的感謝。ビッグでスペシャルな大会 みんなでたのしみましょ!
それでは!


テニスランキング









錦織圭、準優勝おめでとう!パリではチャンス!ダブルリベンジ!


とんでもまるです!

準優勝おめでとう


ATP500 ウィーン大会 決勝で錦織圭はケビンアンダーソンに負けて準優勝となりました。
これで決勝は9連敗になります。ただ9連敗になるだけ、その事実があるだけでだから何だとかそういう話には皆さんの色んな気持ちがあっていいと思います。


錦織のメンタル的にそれが今後どう響くかわかりませんが、いかんせん、全米でジョコビッチやマレーに勝ったことを忘れる男めすから、一般人のものさしでは測れないと思います……。

決勝では両者素晴らしい試合をしていました。錦織はベストではなかったのかもしれませんが、それでも、70、80%くらいにはいたんじゃないでしょうか。対してアンダーソンも80%、90%の調子だったと思います。
ただ、ここぞというときに100%のプレーをしたのはアンダーソンでした。ピンチで自分のサーブを2本ライン上…というかもう99%フォルトみたいなサーブを入れ続けるとか、タイブレーク最初のリターンで攻撃するとか。
あと日頃の行いが良いとか




僕あのTwitterのフォロワー様このとき80人いらっしゃたかどうかくらいなんですが…。こんなにたくさんのいいねを頂いてほんとに嬉しかったです。正直、インスタ映えを目指す女子の気持ちが分かりました。

話を戻しまして。

「ここ一番のプレー」を市民大会のとんでもまるがやったらまぐれですが、アンダーソンはもちろん確実に狙ってやってます。それは、アンダーソンがプロ転向以来、弱点とされてきたプレーでした。
サーブと一発のフォアには定評があるも、ディフェンスが続かない、大事なポイントでどうしても気持ちが引いてしまう


2016年に怪我をした、その時の年齢は30歳。そこから復帰して全米でもウィンブルドンでもファイナルに進出しました。まずディフェンス能力が格段に上がった。トップ100、50の選手はそもそのディフェンス能力がケタ違いです。ミスもそうそうしません。アンダーソンは身体が大きい分どうしても守りは苦手としていましたが、そこが大きく改善されて結果に乗りました。世界5位までいったんです。
30で怪我してさらに強くなって帰ってくるなんて信じられません。

近年怪我で長期離脱する選手が増えてきました。主にトップ層をみていますが、怪我をして復活を目指すどころかアップデートして帰ってくる選手には本当に驚かされます。
錦織圭もそうです。決勝こそ最高の選手に敗れはしましたが、今大会では恐ろしいほどのプレーを見せていました。

1位を狙える、グランドスラムが取れるというプレーをがありました。僕個人は、それはフェデラーがくれたものだと思っています。憧れの選手に全力を出して勝ちにいこうとした、その経験が以前のようなプレーを引き出したんじゃないかと 勝手に推測しています。

ロンドンに向けて


さて、ATPツアーも最後マスターズパリ大会とツアーファイナルを残すのみとなりました。
ポイントについて言えば、ほぼ錦織とイズナーの一騎打ちです。なんとしても出て欲しい。
錦織が3回戦に進出すれば、イズナーにはSFに進出することを強いられます

ただイズナーはパリマスターズで準優勝、ベスト4と結果を残している選手です。十分にそこに入ってくるポテンシャルを持っています。ウィーンこそアンラッキーなことにノーシードのモンフィスと当たってしまいましたが、さぁパリではどうか。

で じゃあ錦織くんには自力で上まで上がってもらうしかないということで…2回戦の相手はアドリアン・マナリノに決まりました。初対戦
マジでフランスでフランス人を引く確率が高すぎると思うんですが、ATPにぜひ調べていただきたい…。



マナリノさんはどんな人かというと、まぁシコラーです。シコラーというとマイナスイメージがあるかもしれませんが、基本テニスの最強はシコラーだと思っていますので、めっちゃ強いです。楽天では去年チリッチにも勝っています。アンタルヤ、ウィンブルドンと杉田と当たった選手ですね。

試合でこんなことありませんか?(なーんか相手強そうに見えないな~ ポーンって返ってくるだけだし~)みたいな、で 結局負けて、「なんか今日調子良くなくて負けたわ」みたいな。

まぁ僕のことなんですが、マナリノと戦って敗れた相手を見ると(こんなこと考えてたりして………)なんて思ったりします。

一見して強さは分かりにくい選手ですが、必見です。
ちなみにテニス界最強は基本シコラーだと書きましたが、ATPには基本が通じない化け物が100人単位でいることを忘れてはなりません。

で 今日の2回戦を勝ち上がると3回戦では、順当にいけばアンダーソンが待っています。さっそくのリベンジです。プロの試合なんて1ポイントやり直したら結果は変わりますから
ウィーンの決勝を誰もきにする必要はないと思います。 アンダーソンにとってメンタル的な追い風にはなるでしょうが….

そして、あまり身体の調子が良くないらしいですがQFではフェデラーが待っています。ここは一発リベンジを果たして欲しいところ!素晴らしい対戦で、またフェデラーが何をくれるかもしれません。
ちなみに僕は、フェデラーが大好きなので複雑な気分ではありますが……。


さて!そんなこんなでウィーン大会で負けちまって、悔しいって話から次のパリのお話まで無理やり繋げました!
錦織くんたちのおかげで今週がまた楽しい楽しいですね。ほーんとテニスがあるおかげでプレーできなくても毎日楽しいです。

だから毎日でも試合してくれないかなぁ…(鬼)


テニスランキング




錦織圭・ATP500ウィーン決勝進出!あと1つ…あと1つ!


Kei Nishikori

def

Mikhail Kunushkin

6-4 6-3

ATP500ウィーンの決勝に進出!!
とんでもなく強い錦織が本当に帰ってきました。
18歳の頃にツアー優勝し存在感を知らしめるも怪我…そこから再浮上し、トップ10の壁に阻まれ続けた。そしてマイケルの力を借りて跳ねた2014年…ただそこからあと一歩、あと一歩届かない。
2017年は今までに見なかった負けも経験し、夏には大怪我でツアー離脱。

もう何度も何度も「錦織は終わった」という記事やコメントを見ました。
現在、ツアー決勝で8連敗中。もうこの数字を見てとやかく言う人たちもいるにはいますが、ATPの決勝に8回もトライできる選手はそういません。

ここらで連敗記は止めて、奇跡の復活優勝…いや、2018アップデート版・錦織圭の優勝を見せてほしい!


さて、決勝の相手はケビン・アンダーソンになりました。SFでベルダスコを下しての決勝進出です。



錦織との対戦成績は、錦織から見て4勝2敗
2015年のメンフィス決勝・アカプルコSFで2連勝したときは、たしかに競りながらも勝たせてくれるなぁとは思ってる見てましたが、その年の上海のマスターズではタイブレを2回落とし負けています。
2015年は全米初戦と楽天SFでペールに負けた嫌な思い出の年です…。どうにも不調だな、取りきれないなぁという印象だったので、この時の敗戦はアンダーソンどうこうというより錦織の調子が心配でした。

で去年2017年、春のマイアミオープンで錦織はアンダーソンにストレートで勝っています。
この時の錦織は世界ランク4位で第2シード、対するアンダーソンは怪我からの復帰にもがき74位でした。今とは状況が違いすぎますね…アンダーソンの雑さや、錦織のドロップが綺麗に決まっていたのを覚えています。

で次が同じく2017年ATP250ジュネーブ大会です。全仏前にクレーの試合経験を積むために大会に急遽出場した錦織。このときはタイブレークかなんかでマッチポイントを握られながらもなんとか巻き返して勝ったように記憶しています。

そして直近の大会が今年2018年ATP250ニューヨークのSF 最後のタイブレを今度は錦織が落として敗退しました。ただこの試合は錦織にとって復帰後初のツアー大会でした。…とはいえ、この大会の錦織の調子は良かったんですが。(まぁ今もっと調子良いんですけど

……とまぁ、あげてみればたしかに各地から相性が良いと言われるのも無理はないのかなぁと思います。調子を落としてなければ基本負けないという印象を持っているのもうなづけます。

…が!今のアンダーソンは全米・全英ファイナリストというめちゃくちゃな肩書きを引っさげている選手です。
4勝2敗という過去の対戦成績が両者のメンタリティに与える影響はそこまでないんじゃないかなぁとも思います。……いや、どうなんでしょ どれだけ強くなってもそういうのって意識するものなのかなぁ。錦織くんの場合、覚えてない可能性まであるけど。


1つ助けになるのは、このウィーンのコートの球足が遅いということ。アンダーソンの一発は、芝や上海のハードコートでやるよりマシでしよう。

まぁでも技術的なことをあれこれ言っても仕方ないですね。錦織のミスが多いか、少ないか、それに尽きると思います。お互いの調子がMAXであればトロフィーは錦織のモノでしょう。
ここまで良いテニスを見せてもらったわけですから、やっぱり勝ってほしい。


そして、優勝したときの錦織の笑顔が観たい。


テニスランキング


ATP500ウィーン ノリに乗ってるロシアNo1!錦織圭vsカレン・ハチャノフ





とんでもまるです!
ATP500 ウィーン大会2回戦

Kei Nishikori

vs

Karen Khachanov(カレン・ハチャノフ)


初戦のティアフォー戦に続き、勢いのある若手を相手にすることになりました。
先週のATP250 モスクワ大会で優勝してついにトップ20の壁をぶち破り、現在は最高の世界ランク19位を記録しています。



対戦成績はご覧の通り錦織からみて1勝2敗で負け越し中です
ただうち一敗は棄権負けですので、ほぼ試合が成り立ってません。ハチャノフには申し訳ないですが、実質1勝1敗

そしてとんでもまるお得意の、好きな選手用フィルターを通して見ますと、なんとハードコートでは負けなし!
…まぁ2016年の全米でしか当たってないのですが。
もう2年前ですし、特に若手の場合はかつての対戦成績が参考にならないことが多いし。

そして今年のATP500ハレ(グラスコート)での敗戦がありますが、いやはやカチャノフが強かった。
僕はずっと錦織には芝適性があると信じて疑っていないファンの1人なのですが、芝適性ってのはこういうことを言うのか…と見せつけられたような気分でした。


198センチから叩きつけられるサーブ。フラット系のフォア。うーん、弱いわけがない。実際、芝コートのキャリア勝率は70%とハード(51%)、クレー(58%)よりも明らかに高い勝率を持っています。

ちなみに錦織は、グラス61%、ハード68%、クレー71%
うん 強い!(笑)

ちなみに出来心で調べてしまったのですが、ジョコのハード勝率は84%、フェデラーのグラス勝率は87%、ナダルのクレー勝率は92%です。 怖、調べなきゃ良かった。

とんでもない方向に話がそれてしまいました。
錦織vsハチャノフの話でしたね。

今大会の錦織は好調だも思います。いつもこんなこと言ってるような気もしますが(笑)
フェデラー戦でときおり見せたあの、22歳かのようなフットワーク プレイで少し何かを掴んでくれたのか、ティアフォー戦でもほんの少しその様子が見れたように思います。僕は、僕はですよ(笑)

ウィーンのコート自体も少し遅め?のようですし、錦織くんも相当気に入ってるご様子なので環境としては錦織有利でしょう。優勝までの道のりを考えるとぜひともストレートで勝ち切ってほしいところです。

そういばイズナーはノーリーにマッチポイントを握られながらも辛勝しました。ノーリーもうまくついていってフルセットのタイブレークまで持ち込んだんですけどね…。
ダブルフォルトでマッチポイントを献上したのはイズナーの方でした。しかしノーリーはそこのチャンスを活かせなかった…わずかボール1個分でしょうか。サイドラインを割りました。

今年のイズナーはもっと攻めているようにも見えましたが、初戦ではうまくいかなかった様子。相当苦労していて、いらだちを陣営にむけてアピールしていました。
それでも2セット目、5-4で迎えたブレイクポイントで攻め切ったのはさすがイズナー。これで45pt獲得し、錦織との差は65ptです。

とにかくSF 準決勝まで勝ち進めば錦織も90pt獲得できますから。そのためにはおそらく勝ち上がってくるであろうティームを倒さねばなりません。ちなみに錦織のいる山のSF対抗上位シードであったディミトロフはククシュキン相手に初戦敗退を喫しています。
これにより、SFでの対戦相手は暫定フォイニーニです。(※訂正・フォイニーニも敗退していました)

ここでティームを倒してウィーンで優勝すれば、パリ次第ではティームを抜きレースランク8位で自力出場も見えてきます。
と言うか本来目指していたのはそちらのはず!
錦織は全ての大会で優勝の可能性のある選手です。

ファンに期待するなと言うのが無茶ってもの。
負けたら本気で落ち込む、とんでもまるのためにも……なんとか、頼んだ!錦織圭!


テニスランキング
↑とんでもまるも、レースto人気ブログランキング1位目指して走ってます。







【錦織圭 ATP500ウィーン】錦織の初戦 イズナーの初戦


とんでもまるです!

今日からATP500ウィーン大会が始まりました。




最初にこれだけお伝えさせてください。とんでもまる的に、今回の大会は
「だれかイズナーを止めてくれ!」という大会です。

選手の負けを祈るのは全くもって紳士的でないと思います。…思いますが、ちょっと今回ばかりはそうも言ってられなくない気分です。
というわけで、イズナーの試合に注目しつつ、勝つたびにイズナーのことをべた褒めするということでギリギリのバランスをとっていこうと思います。

前回も書いた通り、錦織はQF敗退以下で0ポイント加算、SF進出でようやく90pt獲得です。どっこいイズナーは進むたびにポイントを獲得できます。要は錦織SF敗退・イズナーQF敗退でようやくどっこいです。

でもこうも思います。僕はまだ本気で錦織は1位を取れる、グランドスラムを優勝できると思ってますから、こんな弱気にならずどっしり、「ふふ…錦織ならできるのさ…」と構えていれば良いんじゃないか?と……。

今大会もばっちり優勝して欲しいです。

錦織圭の初戦の相手は


さて、錦織の初戦の相手ですがアメリカのフランシス・ティアフォーと対戦することになりました。
最高位は今年8月に記録した38位。現在20歳の若手ですが、今年2月のATP250デルレイビーチでの優勝があります。そのときは2回戦で当時10位のデルポトロに勝利しています。これが唯一のトップ10勝利です。
ちなみにデルレイビーチといえば、18歳の錦織圭が248位というランクで4位のブレークを倒して優勝した大会ですね。

2017年全米1回戦でティアフォーはフェデラーを相手にフルセットに持ち込み苦しめました。結果的には一重の差で負けてしまいましたが、「サンプラスのようだ」と海外のメディアでは絶賛されていたとか。
それくらいフォアとサーブがビッグな、まさしくアメリカンスタイルなテニスをします。

錦織には前回の上海オープン3回戦クエリー戦で見せたように、しっかりサービスキープをしていきタイブレor最後に1つブレークで勝ちきって欲しいところです。
フェデラーも「ビッグサーバーを相手にするときはまず自分のサーブをキープすることだ」って言ってましたしね。まぁそれが難しいのがテニスなんですが(笑)
さすがフェデラー様…

初戦からフォアとバックでガンガン振り回して、錦織節を見せつけて欲しいところ!

ただとにかく怪我がないことが一番です。今年の疲れがたまっている時期だとは思うので、ここ最近怪我の情報がないというのが逆に怖いというか…。健康な状態でまずは一戦!勝って欲しいところですね!

イズナーの相手が…?


さて、イズナーの初戦はというと。

実は1回戦の相手は韓国の新星チョン・ヒョンだったのですが、今大会から棄権する発表がありました。彼も本当に今年楽しみな選手のひとりだったのですが、怪我に苦しまされてますね…。

そこに予選敗者、ラッキールーザーのキャメロン・ノーリーが入りました。現在23歳、最高ランクは66位のイギリスの選手です。左利きのプレイヤーで、深セン準々決勝で優勝した西岡と当たっています。

で、そのノーリーなんですが今年1回イズナーに勝っています。
イズナーとの対戦はその一度のみです。それは2018年リヨンオープンのQF。7-6(1) 6-4のストレートでノーリーが勝利しました。
ただ、この大会はクレーコートですので…。今回のサーフェスはハードコートなので、前回の対戦とはまるで違ったものになるかもしれません。

ちなみにイズナーは前回のストックホルムオープン
1回戦をクラーン相手に7-6 6-7 7-6
2回戦をサングレン相手に7-6 6-7 7-6
すさまじいビッグサーバーぶりを見せております。

ちなみにQFでグルビスに6-1 3-6 3-6で敗退しました。いや君達こそタイブレーク入らんのかーーい!と世界中からツッコミが入りそうではあるのですが…。その試合は見てないのですが、どんなんだったのか本当に気になるところです。

しかし208センチの身長を持つイズナー…33歳にして全盛期を迎えるとは 一昔前では考えられないことですね。 キャリアが長く続くっていうのは本当に良いことだと思います。若手も以前に比べれば十分に活躍していますしね。エドマンドもチチパスもついにキャリア初タイトルを獲得しましたし、本当に面白い。

だからこそ、僕が錦織圭が1位になれる、グランドスラムをいくつか取れるというのは全くもって妄言じゃないっていうのは明らかなわけで。
記録的にはワウリンカの28歳が最年長のグランドスラム優勝でしたっけ?

でもフェデラーが36で全豪オープンで優勝するとは誰も思っていなかったし、20年前に11回も全仏を優勝する化物が現れるなんて言ったら笑われてただろうし。記録ってそんなもんだと思ってます。


だから錦織くん !
優勝しちゃってもいいんだぜ!(くどい)


テニスランキング
↑優勝を目指してます


U-NEXT


プロフィール

とんでもまる

Author:とんでもまる
とんでもなくテニスが大好きな大学院生のとんでもまるです。
ATP・WTA(ITF)のお話、ラケットのギアのお話、とんでもなく弱い自分のテニスのお話などなど 気ままに更新していきまする。

コメントは100パーセントお返しします。みんなでテニスを楽しみたいのです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR