FC2ブログ

チチパスが、壊れた!? 錦織圭vsステファノス・チチパス 準々決勝進出結果!

とんでまるです!
Kei Nishikori
def 6-3 6-3
Stefanos Tsitsipas


若手最強の1人、ステファノス・チチパスに対して錦織圭が最高のプレーでストレート勝ち!
とんでもねえプレーでした…

チチパスは終盤叫んでみたり陣営に呼びかけみたりと、相当苦しんでましたね!「誰か助けてくれ!!」という言葉が聞こえてきそうでした。


ではなぜそうなったのか?
とんでもまるが思うポイントを1つ書いてみたいと思います。

それは
錦織圭がリターンゲームでチチパスに、嫌な思いをさせ続けた!


昨日にも僕は勝手にいろいろ書きましたが、チチパスはサーブを打って返ってきた第3球目で攻撃するのが大好きな選手です。
サーブをばっちり決めて、返ってきたボールをいきなりダウン・ザ・ライン!
相手のストレートに打ち込み時間を奪いにいくのが大好きです。

しかし今日の錦織は、チチパスのファーストサーブに対してはスライスをおりまぜながらセンターに返し、セカンドサーブに対しては攻撃的にプレーしました。

その結果どうなったか?チチパスはファーストをせっかく入れても、センターにリターンを返されては一撃で決めにいくのは難しい。

そうすると必然的にラリーになる。そのラリー戦を錦織が超攻撃的にプレーした!
もちろん何本かミスは出てましたし、1度サービスゲームを落としましたが、それでも打ち続けた錦織くんをほんとに尊敬します。

これまで自分で「リードしたときに、打つのをやめてしまうことがある」と語っていましたが、今日はバンバン打ってましたね!
そのエラーもほとんどアウトのエラーでした。錦織くんがネットのエラーをしているときは、身体を動かしきれていない印象がありますが、今回はそうじゃなかった。

錦織くんのリターンが甘くなった途端さすがチチパス、本当によく素早く攻撃していました。しかしチチパスは第1セットの1stサーブIN率が61%なのに対して第2セットでは51%まで下げてしまっています。

なぜか?


それはきっと…錦織くんがセカンドサーブを攻撃的に叩きまくったから!だととんでもまるは勝手に思ってます。
つまり、チチパスはセカンドサーブになるのが恐かった。錦織を恐れたと思います。


心については、大学院で心理学を勉強しているとんでもまるが大好きな分野です。

お化け屋敷 夜道…自分の嫌いな、少し恐い場所をイメージしてください。 (少しで大丈夫ですよ)
あるいは、市民大会で相手にマッチポイントを握られて、サーブを打たなきゃいけない瞬間でも良いでしょう。

簡単な話です。その瞬間、身体って軽いですか?
暗い夜道を、嫌な会社に行く駅までの道を、軽やかに走れる人はいないでしょう。

チチパスも同じです。チチパスは、ファーストサーブをるんるんで打てなくなった!
そうさせたのは間違いなく錦織くんだと思います。

その結果もうチチパスは、何しをしたら良いかわからなくなった。
「攻めたらいいの!?守ったらいいの!?」

もちろん単純に答えを言えば、そのメリハリをつけてプレーすることなんでしょうが、それがどれだけ難しいことかはこの前、草トーで一回戦負けしたとんでもまるがよく知っています。

あれほどの完璧なプレー タイミングの速さ
チチパスに錦織くんが「これが俺のテニスだ!」と見せつけたように思えました。


錦織くんは、一時期すごく適当に勝利後のサインボールを観客席に打ち込んでいた印象があります。勝っても楽しめてないのか、適当にぽんぽーんと放り込んで終わり。そんな姿がよくありましたんです。

しかし!昨日今日と勝利後の瞬間を本当に楽しんでいましたね!
楽しいことを、楽しいと思える。それほど幸せなことってないと思います。
なんだかしみじみした話になっちゃいました(笑)


優勝まではあと2勝。
まずは明日の一戦。 ガスケかアンダーソンか、今ガスケが7-6でファーストをアップしたところですが、どっちもめちゃくちゃ強い選手。

大変な道のりですが、頑張って欲しいですね!
それでは!!


テニスランキング

大好きなテニスで僕ができるやり方で、上を目指してみたい。

コメント

非公開コメント

プロフィール

とんでもまる

Author:とんでもまる
とんでもなくテニスが大好きな大学院生のとんでもまるです。
ATP・WTA(ITF)のお話、ラケットのギアのお話、とんでもなく弱い自分のテニスのお話などなど 気ままに更新していきまする。

コメントは100パーセントお返しします。みんなでテニスを楽しみたいのです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR