FC2ブログ

楽天JAPANOPENで錦織圭がくれたもの。


とんでもまるです。




Danill Medvedev

def 6-2 6-4

Kei Nishikori


錦織圭は、準優勝という形に終わってしまいました。
僕の勝って欲しかった気持ちを成仏させるために、思いを書き連ねていきたいです。

いや……勝って欲しかった……。


例えばこれが、全豪オープンの2回戦だったら。
なんだか錦織はセット3-1くらいで勝っていたような気がします。
10回やれば7回とか8回は錦織が勝つのではないか。現状のランクから考えるとそんな風に思ってしまいます。

じゃあ、なんでその少ない方の確率が出てしまったのか?
錦織くんが、めちゃくちゃ固かった……。

まるであの2014全米オープンの決勝のときのようでした。あの時はフルセットの連続で疲労もかなり溜まっていたと思いますが…。
それだけ、今年のJAPAN OPENで勝ちたいという思いが強かったんだと思います。

特に今日の錦織は足が動かなかった。いつもはもっと細かく足を動かしているところを、大股のフットワークのみでボールに近づいているような印象がありました。

きっと緊張で身体が重かったのでしょう…。あとボール数個分が入らなかった。振り切れなかった…。
とんでもまるは試合前に、「先に展開するのを恐れて欲しくない」と書きましたが、それが当たってしまった気がします………。


僕は、大会でひどく緊張して1回戦負けしたとき 「何をやっているんだ!何もできなかったじゃないか!」
「テニスが全然楽しくない!」
「こんなにみじめな気持ちになるならもう良い!」
そんな風に落ち込んだことがあります。


錦織圭 プロの世界 2年ぶりの母国の試合 決勝戦 それまで調子が良かった 相手はランクでは格下だった

僕とは比べ物にならない…。
今、どんな気持ちなんでしょう……。


解説の松岡修造さんが「めちゃくちゃガックリきてる」 そう話していました。
僕もめちゃくちゃガックリきてます。

どうしてだ!勝って欲しかった!勝てた試合じゃないか!いくらメドベージェフが素晴らしいプレイヤーだったとしても!錦織は世界一位にもなれるような、素晴らしい選手のはずじゃないか!


正直言って、どれだけ相手を称えても、錦織の今大会のプレーは素晴らしかったと考え直してみても
悔しいものは悔しい。


でも、本当にプロテニスっていいですね。
僕は実際にプレーしていないのに、今こんなに悔しいんです。涙が出そうです。
きっとこんな感情は、テニスを見ていなければ知らなかった。錦織圭を応援していなければ、味わえなかった感情です。

めちゃくちゃ悔しい。そういう体験を今僕はしている。


この日記で僕の悲しみを成仏させてください。
「上海があるさ」「来年があるさ」
まだそんな風には思えません。錦織圭というテニスプレイヤーが大好きだから。


そういう意味で、あの公共の電波で、メドベージェフファンもいると知っている中で、「めちゃくちゃガックリきてる」と発言された松岡修造さん。
きっと彼にも悲しみの成仏が必要だったんですね。僕はそんな彼が好きです。僕と一緒に落ち込んでくれる人がいるってわかるから。


本人は本当にどんな気持ちなんだろう。落ち込むだろうな。 落ち込むなんて日本語じゃ足りねえんだろうな…。
でも、錦織くんのおかげで本当に素晴らしい1週間が過ごせました。僕は楽しかった。
今はめちゃくちゃ悔しいですが、この1週間めちゃくちゃ楽しかった僕がいたのはまぎれもない事実。
それを忘れちゃいけない。


錦織くん、これからもどうか僕をワクワクさせたりドキドキさせたり色んな体験をさせてくれ!
一生応援します。


最後に、メドベージェフ ATP500初優勝 本当におめでとう!
Congrats……いや、メドベージェフはこの日記2億%見ないから日本語で良いですよね(笑)
メドベージェフにとっては本当に本当にいい1週間になりましたね。
こんなに良い選手が対戦相手だったんです。それも忘れちゃいけないね。


本当に悔しかった。
でも、もう次の大会のドローは発表されている。
なんとか8シードに滑り込めた。もちろん次の大会も期待しています。

錦織くん…本当にお疲れ様でした!ありがとう!
ありがとう!


テニスランキング




コメント

非公開コメント

プロフィール

とんでもまる

Author:とんでもまる
とんでもなくテニスが大好きな大学院生のとんでもまるです。
ATP・WTA(ITF)のお話、ラケットのギアのお話、とんでもなく弱い自分のテニスのお話などなど 気ままに更新していきまする。

コメントは100パーセントお返しします。みんなでテニスを楽しみたいのです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR