FC2ブログ

打倒ティーム! エブデンが下した1つの“決断”


Matthew Ebden

def 6-4 6-7(8) 7-6(4)

Dominic Thiem




第6シードのティームが姿を消しました。相手はオーストラリアのベテラン30歳のマシュー・エブデン
日本のチャレンジャーによく出場してくれてたので、なにかと日本にとっては馴染み深い選手ですね。
先週の楽天JAPANOPENでは、第2シードのケビン・アンダーソンをあと一歩のところまで追い詰めました。
エブデンはその試合、体調不良で棄権しようとしていたそうですが、なんと対戦相手のアンダーソンが「体調が良くなるかもしれないから、水曜日まで待ってもいい」とのこと。
この過酷なツアーの世界の中で、相手のことを思えるアンダーソンは本当に尊敬できる選手ですね…。

この話はエブデン自身がTwitterで教えてくれた話です。相手を気遣えるアンダーソンも素晴らしいですし、相手に感謝を伝えられるエブデンも素晴らしい!


さぁ、とんでもまるもイチオシ試合として選んでいたこの一戦


初の試みだったので、まだ投票中なのはご愛嬌…。




エブデンの“決断”


相手は現在世界7位のティーム
エブデンも今年はキャリアの中でもいま本当にいいテニスができています

とはいえ…ランキング上位 ましてトップ10に勝つのは簡単な方ではありません。
エブデンは普段通りプレーしていたのでは、勝てる見込みは低い。この試合では、ティーム対策として何かにトライしなきゃいけない!

そしてエブデンが選択したのがとにかくネットにつめていくこと!
今年の上海オープンのコートはとにかく球足が速いと言われています。つまり、ボールが着地しバウンドしても球の勢いが死なない。

そういう意味では、コートの少し後ろでスピンをかけて強打するのが得意なティームとしてはあまり好きではないコートなのだと思います。
本人はクレーコーターではないと自負しているそうですが、クレーで最も実績が出ているのも事実。
遅く、ボールが跳ねるコートの方がプレーしやすいようです。

そんなティームを相手に、エブデンはしっかりラリーでついていきました。エブデンはティームのパワーに押されながらも、なんとかティームを動かす。足を使わせていました。

その中でエブデンはとにかくネットに詰める!ここはウィンブルドンか!?というくらいネットに詰めてました。
オールラウンドにプレーできるエブデンとはいえ、ここまでネットに詰めることはそうないはず。
これぞ打倒ティームに向かってのエブデンの勇気ある選択だったんですね。

どこからでも強打ができるティームに対してネットプレーを選択するのは本当に勇気が必要だったはず。
ランキング上、格上の選手を倒すために自分のプレーを変えていく。プロといえどなかなかできることではありません。
実際セカンドセットのタイブレークではティームのスーパーパッシングショットもでて、タイブレークを落としました。
そしてファイナルセット6-5サービンフォーザマッチを迎えたエブデンは、ネットにつめてプレーするもそこでブレークを許しました。
このようなリスクのあるプレーというのは重々承知…!
それでも試合を通してこのプレーを続けたエブデンを称えるべきでしょう!
おめでとうエブデン!次の試合も頑張って!
ティームはまた次の大会でね!


トップシードが破れると、やれ格下に情けないだ不調だった 色々書かれますが…その中に事実が確かにいくつもあるとして、ネットの向こうにいる選手が、こういう風に素晴らしいプレーをしたのも忘れちゃいけませんね。

今日は錦織くんの初戦も!


さぁ!今日は錦織くんの上海オープン初戦!
相手は地元中国のウー・イービン!ワイルドカードで出場の選手で世界ランクは415位の18歳
全米jrも制していますから、向こうでは超期待の若手ということで…アウェーの中、錦織くんがどう戦うか
いいプレーを見せてほしいですね!
それではこのへんで!


20181010105358493.jpeg




テニスランキング

コメント

非公開コメント

プロフィール

とんでもまる

Author:とんでもまる
とんでもなくテニスが大好きな大学院生のとんでもまるです。
ATP・WTA(ITF)のお話、ラケットのギアのお話、とんでもなく弱い自分のテニスのお話などなど 気ままに更新していきまする。

コメントは100パーセントお返しします。みんなでテニスを楽しみたいのです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR