FC2ブログ

激突!ロジャー・フェデラーvs錦織圭!錦織はどうプレーしたらいいのか!?


とんでもまるです!

ついにやってきました。

ATPマスターズ1000上海オープン 準々決勝
【1】ロジャー・フェデラーvs【6】錦織圭



上海で2014年・2017年と2度の優勝を経験しているロジャー・フェデラー 言わずとしてれた生きる伝説…
おそらく世界で最も多くファンを持っているだろう彼は、常時発動型の特殊能力“どこでもホーム”を持っていますから、環境さえ支配していきます、

ただ今回の上海はアジアですし、初戦でも錦織はスーパーアウェーを経験しているので、そこまでのまれる心配はないと思われます。

いや~それにしても……
ほんっっっとに楽しみですね!
フェデラーにとってはUNIQLOと契約してから初めての錦織戦ですし、新鮮な気持ちになるんじゃないでしょうか。
まぁこっちとしては、前回UNIQLOの最強の方になかなか勝てなかったものですから、ここらで1つその積年の恨みを代わりに……(笑)


どういう試合になるか


フェデラーといえば、プレースメントが素晴らしいサーブで相手の体制を崩し、はやい展開でどんどん追い込んでいくスタイルが大好きな選手です。
特にフォアハンドは自由自在、ライジングで信じられないところに打ち込んできます。たとえそのショットをなんとか取れたとしても、ネットにつめてボレーではい、おしまい。
テニスプレイヤーなら誰しもが憧れるプレースタイルです。
この高速の上海コートであれば、そのスタイルはなおさら強化されます。

またバックハンドも切れ味抜群のスライスに、2017年に復活して以来ネオバックハンドとも呼ばれた破壊力抜群のショットを持っています。

もちろん、フットワークも軽やか。というより、最高のフットワークがあるからこそ、全てのショットが活きてくるわけですね。


じゃあ、錦織圭はそんな最強の相手にどうすれば勝てるのか?
隙のないフェデラーの、唯一の最近の弱点はエラーです。つまりミス。
全盛期のフェデラーであれば、コートのどこに打ってもボールが返ってきました。フェデラーを相手に粘り切れたのは、BIG4を含めわずかしかいませんでした。

しかし、今のフェデラーは走らされたとき明らかにミスが増えています。全盛期ほど大事なところでサービスがセンターに決まりません。

そのため錦織は、フェデラーよりも先に展開し、かつフェデラーがミスるまで攻撃的なプレーをし続けることが必要になります。

「そんなんできたら誰にでも勝てるに決まってるじゃないか!」 そう思われると思います。
が、「全テニス選手の99%に勝てるテニス」をしても、フェデラーは残りの1%に入っているわけですから。

僕は錦織ファンなので、「錦織は全ての選手に勝てるテニスができるプレイヤーである」と信じています。
それはつまり、2014年全米で本人が発言した、「勝てない相手も、もういないとおもうので、できるだけ上を目指してやりたい。」 が正しいと僕はずっと信じているのです。
それに今の錦織くんにも同じ気持ちでいて欲しい…


ちなみにだからと言って、「錦織圭は全ての選手に勝たなければならない」とは思ってないですよ!論理療法的に言えば、それは現実的でない誤った信念(B)からくる要求ですから。

だから、「錦織圭が全ての試合に勝てば良いなぁ。」くらいの願望を大事にして、試合を観てます。
まぁそれでも、錦織くんが試合に負けた日にはインタビュー記事も見たくないくらいに落ち込みますけど(笑)


試合を楽しんで欲しい!


さぁ、ツアーファイナルに向けて大事な一戦が始まります。ここで勝てば少なくとも360ptで、ティームとの差を355ptまで詰めることができます。
まぁそれでもかなり大きな差がありますが……。

デルポトロの棄権で決勝がけはエブデンとチョリッチの勝者と当たることになっています。
ツアーで50位内に入る選手にもはや格上も格下もないとは思ってますが、それでもトップ10,トップ5に入ってくるような選手は特別です。

デルポトロと当たるのを避けられたという意味では、チャンスでしょう。

そのためにはこの大一番!レジェンドとの対決を是非とも制して欲しい!
そして憧れのフェデラーとの久々の試合を大いに楽しんで欲しい!

僕は全力でたのしみまーーーす!


テニスランキング
↑僕も戦ってます


コメント

非公開コメント

プロフィール

とんでもまる

Author:とんでもまる
とんでもなくテニスが大好きな大学院生のとんでもまるです。
ATP・WTA(ITF)のお話、ラケットのギアのお話、とんでもなく弱い自分のテニスのお話などなど 気ままに更新していきまする。

コメントは100パーセントお返しします。みんなでテニスを楽しみたいのです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR