FC2ブログ

【錦織圭】ATP500 ウィーン大会情報 20ptとシステムのアドバンテージを持つイズナー


とんでもまるです!

エルステ・バンク・オープン(Erste Bank Open)
グレード:ATP500
開催地:オーストリア/ウィーン
シード:【1】ドミニィク・ティーム
【2】ケビン・アンダーソン
【3】グリゴール・ディミトロフ
【4】ジョン・イズナー
【5】錦織 圭
【6】ボルナ・チョリッチ
【7】ファビオ・フォイニーニ
【8】カイル・エドマンド

前年優勝者:リュカ・プイユ
開催期間:2018年10月20日~10月28日
日本との時差:マイナス7時間
獲得ポイント:優勝 500pt 準優勝 300pt
SF 180pt QF90pt
2回戦 45pt 1回戦 0pt


錦織圭の初戦の相手は…!

ドローがこちら

でん


うーーん タフ
予想されるドローはこちら

1回戦:フランシス・ティアフォー
2回戦:カレン・ガチャノフorデニス・ノバク

QF:【1】ドミニク・ティームorリシャール・ガス
ケorツォンガorクエリー

SF:【3】ディミトロフor【7】フォイニーニ

F:【2】アンダーソンor【4】イズナーor【7】エドマンド

途中からフルネームが面倒になりました…が、さすが年度末のATP500 本当に豪華なメンバーです。

ティームにとっては地元で第1シードの本当に大事な大会なのですが、初戦ガスケで次がツォンガかクエリー、その次が錦織圭って第1シードつかない方が幸せだったんじゃないかってくらいのドローです。 お気の毒に。

さて、この大会で気になるのは錦織圭のレースポイントですよ。
レースポイントは2018年の上位18大会が次々にカウントされていくものです。そのため、ツアーファイナル終了時点で通常のランキングポイントと同一になります。
錦織は既に18大会に出場していて、カウントされている大会の中で1番低いのがATP250ニューヨークの90ptです。

つまり、今大会の錦織は18大会目の90ptをより高いポイントにアップデートするために出場していると考えると楽ですね。

90ptという土台を持って挑んでるので、QFで敗退して90ptの土台を手に入れても何も変わりません。
錦織の場合は

SF:90pt獲得
準優勝:210pt獲得
優勝:410pt獲得になります。


ちなみにイズナーはまだ今年18大会に出ていませんので、勝ち上がれば勝ち上がる分だけポイントが積み重なります。
もし錦織イズナー共にQF敗退なら、イズナーだけが90ptを獲得できるので、現在の差も含めて110ptの差をつけられてしまいます。

逆に錦織優勝、イズナー初戦敗退ならば390pt差がつきます。これはマスターズSF360ptでも追いつかないので錦織のファイナル出場がほぼ現実的になります。まぁイズナー、去年パリマスターズでベスト4入ってますけど

20ポイントのアドバンテージを持ち、ランキングにも余白があるイズナーが圧倒的に有利と言える展開です…。ま!優勝しちまえばいいんですけど!(ファンはお気楽)

注目の初戦の相手などについてはまた明日!詳しく書いていきたいと思います!
それでは!


テニスランキング




コメント

非公開コメント

プロフィール

とんでもまる

Author:とんでもまる
とんでもなくテニスが大好きな大学院生のとんでもまるです。
ATP・WTA(ITF)のお話、ラケットのギアのお話、とんでもなく弱い自分のテニスのお話などなど 気ままに更新していきまする。

コメントは100パーセントお返しします。みんなでテニスを楽しみたいのです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR