FC2ブログ

錦織圭・ATP500ウィーン決勝進出!あと1つ…あと1つ!


Kei Nishikori

def

Mikhail Kunushkin

6-4 6-3

ATP500ウィーンの決勝に進出!!
とんでもなく強い錦織が本当に帰ってきました。
18歳の頃にツアー優勝し存在感を知らしめるも怪我…そこから再浮上し、トップ10の壁に阻まれ続けた。そしてマイケルの力を借りて跳ねた2014年…ただそこからあと一歩、あと一歩届かない。
2017年は今までに見なかった負けも経験し、夏には大怪我でツアー離脱。

もう何度も何度も「錦織は終わった」という記事やコメントを見ました。
現在、ツアー決勝で8連敗中。もうこの数字を見てとやかく言う人たちもいるにはいますが、ATPの決勝に8回もトライできる選手はそういません。

ここらで連敗記は止めて、奇跡の復活優勝…いや、2018アップデート版・錦織圭の優勝を見せてほしい!


さて、決勝の相手はケビン・アンダーソンになりました。SFでベルダスコを下しての決勝進出です。



錦織との対戦成績は、錦織から見て4勝2敗
2015年のメンフィス決勝・アカプルコSFで2連勝したときは、たしかに競りながらも勝たせてくれるなぁとは思ってる見てましたが、その年の上海のマスターズではタイブレを2回落とし負けています。
2015年は全米初戦と楽天SFでペールに負けた嫌な思い出の年です…。どうにも不調だな、取りきれないなぁという印象だったので、この時の敗戦はアンダーソンどうこうというより錦織の調子が心配でした。

で去年2017年、春のマイアミオープンで錦織はアンダーソンにストレートで勝っています。
この時の錦織は世界ランク4位で第2シード、対するアンダーソンは怪我からの復帰にもがき74位でした。今とは状況が違いすぎますね…アンダーソンの雑さや、錦織のドロップが綺麗に決まっていたのを覚えています。

で次が同じく2017年ATP250ジュネーブ大会です。全仏前にクレーの試合経験を積むために大会に急遽出場した錦織。このときはタイブレークかなんかでマッチポイントを握られながらもなんとか巻き返して勝ったように記憶しています。

そして直近の大会が今年2018年ATP250ニューヨークのSF 最後のタイブレを今度は錦織が落として敗退しました。ただこの試合は錦織にとって復帰後初のツアー大会でした。…とはいえ、この大会の錦織の調子は良かったんですが。(まぁ今もっと調子良いんですけど

……とまぁ、あげてみればたしかに各地から相性が良いと言われるのも無理はないのかなぁと思います。調子を落としてなければ基本負けないという印象を持っているのもうなづけます。

…が!今のアンダーソンは全米・全英ファイナリストというめちゃくちゃな肩書きを引っさげている選手です。
4勝2敗という過去の対戦成績が両者のメンタリティに与える影響はそこまでないんじゃないかなぁとも思います。……いや、どうなんでしょ どれだけ強くなってもそういうのって意識するものなのかなぁ。錦織くんの場合、覚えてない可能性まであるけど。


1つ助けになるのは、このウィーンのコートの球足が遅いということ。アンダーソンの一発は、芝や上海のハードコートでやるよりマシでしよう。

まぁでも技術的なことをあれこれ言っても仕方ないですね。錦織のミスが多いか、少ないか、それに尽きると思います。お互いの調子がMAXであればトロフィーは錦織のモノでしょう。
ここまで良いテニスを見せてもらったわけですから、やっぱり勝ってほしい。


そして、優勝したときの錦織の笑顔が観たい。


テニスランキング


コメント

非公開コメント

プロフィール

とんでもまる

Author:とんでもまる
とんでもなくテニスが大好きな大学院生のとんでもまるです。
ATP・WTA(ITF)のお話、ラケットのギアのお話、とんでもなく弱い自分のテニスのお話などなど 気ままに更新していきまする。

コメントは100パーセントお返しします。みんなでテニスを楽しみたいのです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR